軽貨物運送事業の取得要件

軽貨物運送業とは、他人から貨物の運送の依頼を受け、有償で自動車(3輪以上の軽自動車及び2輪の自動車に限る)を使用して運送する事業のことです。

具体的には軽自動車(4ナンバーのトラック)やバイク(125cc以上)が対象となります。

赤帽やバイク便事業者がこれにあたります。

この手続きの一番やっかいなところは、時間、労力の負担が大きいことが挙げられます。

  • 軽貨物運送業の申請書類等の作成、運賃及び約款設定等、初めての方が要領よく1回で作成提出することが難しいこと。
  • 陸運支局、軽自動車検査協会の2か所に別々の手続きをする必要があること。

当事務所をご利用頂くことにより、お客様は必要書類を当事務所へお送り頂くだけで(黒)ナンバーが届くのをお待ち頂くだけとなります。

なお、許可要件は概ね①設備的要件、②人的要件で構成されています。

軽貨物運送事業経営届に必要な要件

① 軽貨物運送業の設備的要件

〔事務所・休憩仮眠所〕運営拠点となる事務所の設置

◆ 事務所・休憩仮眠所の使用権限が必要です。
  ※自己所有でも賃貸でも構いません

◆ 都市計画法、農地法、建築基準法等の関係法令の規定に抵触しないこと。

◆ 適切な規模の営業所でなければなりません。
  ※休憩仮眠所は営業所又は車庫に併設でなければなりません
  ※自宅開業も可能です

〔車庫〕使用する車両の駐車場

◆ 車庫の使用権限が必要です。
  ※自己所有でも賃貸でも構いません

◆ 都市計画法、農地法、建築基準法等の関係法令の規定に抵触しないこと。

◆ 原則として、営業所に併設でなければなりません。
  ※併設できない場合は営業所所在地から直線で2km以内に設置することでも問題ありません。

〔車両〕使用する車両の駐車場

◆ 車両数=1台以上
  ※バン、幌車、トラック、125cc以上の二輪バイク等どちらでも可
  ※乗車店員は2名以内で貨物用であることが要件となります
  ※乗用車(50ナンバー)使用する場合は貨物用として構造変更する必要があります

◆ 自賠責、任意保険の事業用としての加入

② 軽貨物運送業の人的要件

〔運行管理者〕運行管理責任者の設置

◆ 常勤の運行管理責任者を確保しなければなりません。
  ※事業主が兼務可能です。資格も不要です。

〔運転者〕車両数のドライバーの設置

◆ 車両数と同数の専属運転者を確保しなければなりません。

軽貨物運送事業経営届のお手続きの流れ

軽貨物運送業運輸開始までのスケジュール

STEP1 お申込み(お客様)

当事務所へお電話またはメールフォームからお問合せ下さい。

お電話はこちら →0798-44-3777
※お電話は平日AM9:00~PM7:00
メールはこちら →ご依頼はこちら
※メールからは24時間受付中!

軽貨物運送業申請から平均7営業日後に新車検証、黒ナンバーを交付となります。

STEP2 お客様の基本事項確認(当事務所)

お客様の基本事項確認のため、メール又はFAXにてアンケートをお送り致します。

STEP3 アンケート、住民票のご返信(お客様)

アンケート、住民票(法人の場合は会社謄本)を当事務所へメール又はFAXにてご返信頂きます。

STEP4 軽貨物運送業申請書類等を作成、出荷(当事務所)

当事務所にて軽貨物運送業申請書類を作成致します。ご署名、押印等が必要な書類及びご利用代金のご請求書をご送付致します。

STEP5 ご利用代金のお支払(お客様)

お振込、お手渡し、いずれかの方法でご利用代金をお支払い頂きます。

また、ご署名、押印頂きました書類と一緒に、車検証、ナンバープレート、住民票を当事務所へお送り頂きます

STEP6 当事務所にて代理申請(当事務所)

管轄の陸運支局、軽自動車検査協会へ軽貨物運送業申請を行います。同日出荷にて新車検証、黒ナンバーをお送り申し上げます。

STEP7 黒ナンバーの装着(お客様)

黒ナンバー到着後、装着頂き運輸開始していただきます。

以上で軽貨物運送業のお手続きが全て完了となります。

当事務所対応エリア

  • 大阪府管轄(なにわ・大阪・和泉・堺ナンバー)
  • 兵庫県管轄(神戸ナンバー)

お客様の本来の目的は、1日も早く事業を軌道に乗せて売上を上げることだと思います。

当事務所では、運送事業専門の行政書士が迅速・丁寧・低価格で代行致しますので、お客様にストレスを与えずスムーズにご開業支援をさせて頂きます。

面倒で時間がかかる許認可業務はプロの行政書士にお任せ下さい。


運送業許可のお問合わせはこちら!

このページの先頭へ